◤チル・ベース/Chill & Bass DJ MIX ◢ ➥EDM spin out - New School Chill Bass ➥😻🔊名曲アルバム vol.2 -Chill Bass Groove- / FTA (Famous Tune Album) vol.2

9/10/2013 OGAWA HIROSHI 0 Comments



以前に書いた記事◤New School Deep & Bass◢に関連するDJ MIXを作成しました。

今回のミックスは主にChill/チル系のベース/Bass文脈から、派手過ぎず〜暗過ぎず〜歌ものを中心という縛りで、自分のお気に入りの曲を厳選してみました。

序盤から中盤にかけては、BPM140のダブステップ・セオリーの中にトラップ/TRAP要素が上手く取り入れられたものや、ドラムステップ/Drum Step、チルステップ/Chill Stepものでしかもポップ系のRemix曲など、中盤以降に関しても〜限定テンションの中で出来る限り多くの色合いの曲達を集め纏めてみました。

New School Deep Houseが盛上がって来ましたが、今回は4つ打ちは極力封印してヒーリング要素を強調した作りにしました。「New School Chill Bass」とでも表現出来るミックスになったかとおもいます。

→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→

【New School Chill Bass / FTA vol.2】

01.No Limits - Slow Down (ft. Jovan Wilder)
02.JumoDaddy - All Night Long (Original Mix)
03.Lana Del Rey - Young & Beautiful (YOOK!E Bootleg)
04.Sweater Beats - Make a Move (Branchez Remix)
05.Disclosure - Latch (Manic Focus Remix)
06.Deadmau5 & Kaskade - I Remember (Spaveech Late Night Trap Remix)
07.The M Machine - Shadow In The Rose Garden (Matt Lange Remix)
08.London Grammar - Wasting My Young Years (Sound Remedy Remix)
09.Naughty Boy - La La La (Kaos remix) [feat. Sam Smith]
10.Cashmere Cat - Mirror Maru
11.Ciara - Body Party (NEVR Remix)
12.Cosmo's Midnight feat. Nicole Millar - Phantasm
13.Lenka - Nothing Here But Love (Twice As Nice Remix)
14.SBTRKT - g.l.b edit
15.BANKS - Warm Water (Snakehips Remix)
16.Major Lazer - Get Free feat. Amber of Dirty Projectors (Avicii Edit)
17.Rihanna - Stay (Butch Clancy Remix)
18.Hundred Waters - Thistle (TOKiMONSTA Remix)
19.A$AP Rocky - Thuggin' Noise (Ryan Hemsworth Edit)
20.Rudimental Ft John Newman - Feel The Love (Kill Paris Remix)
21.Yuna - I Wanna Go (Faustix & Imanos Remix)
22.LBCK - Call My Name
23.Lorde - Royals (The Weeknd Remix)
24.Daft Punk - Something About Us (Ricky Cervantes Orchestral Mix)

Mixed by OGAWA

D O W N L O A D

→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→

現在のEDMは今年旬を迎えて、シーンの熱狂は春から夏にかけて頂点を過ぎ一段落した状況だと感じます。

Skrillex/スクリレックスが切り開いた「全ての音楽ジャンルが自由交配したミクスチャー感覚」が、EDMシーンの勃発〜開花〜成長する引き金であったと思います。

ダブステップ/Dubstepやムーバートン/Moombahtonをはじめとするベース系シーンはEDMの内部なのか~それともスピンアウト的な立ち位置なのか? なかなか微妙な線引きにありますが、プログレ・トランス・エレクトロ系が主流の4つ打ち系EDMとはほとんど接点を持たない〜Bass/ベース系のシーンはとてつもなく深く幅広い範囲で存在しています。

エレクトロニカ/Electronica出身〜ヒップホップ/Hip Hop出身〜チル・アンビエント/Chill Ambient出身〜エレクトロ出身〜R&B 出身〜ダブステップ/Dubstep出身〜トラップ/Trap出身、、、などなど切りのない程多数のアーティスト達がベースシーンを極彩色に染め上げています。

以前から言っていた持論ですが「ダブステップはかつてのハウスミュージックのシーンと酷似〜現代のハウスミュージックである」という言葉どおり、更に幅広いベースシーンとして進化/成長している最中です。その繁殖の度合いと現実にみるシーンの状況は更に大きな枠組みで「New School House Music」と命名してもいい程ですね。

これらのDeep Groove/ディープ・グルーヴ系のダンスミュージックが、今後EDMとどういった繋がり具合で拡散/成長して行くのかという過程も大変興味深い見所ではないかと思います。



著者:小川裕史 (OGAWA)

-プロフィール-
ダンスミュージックを中心にあらゆる音楽を作っています。映画のサントラやJ-POPプロデュースなど、勿論DJもやります。2011年に黒木メイサさんのダブステップremix曲を制作させて頂き、いち早くEDMなど最新音楽を取り入れています。現在はアルバムを製作中です。

Facebook
Twitter
Soundcloud