【お花見🌸BGM】Future Jazz,Future R&B,Future Deep House,,,【Future Chill Mix】

3/28/2016 OGAWA HIROSHI 0 Comments



春到来ですね!

春を知らせるウグイスの鳴き声がかわいすぎて毎日萌えまくっていますw

いよいよ桜も開花して今週末にはお花見のピークとなるかんじですかね。もう4年くらい(宴会的な)お花見をしていないので今年は必ず行きたいです。

桜の淡いピンク色は本当にかわいくて華奢な花びらの質感などに無意識に心が共鳴する感覚は「リアル桃源郷」的な。現実にいながら夢の世界に入り込んだような心ウキウキの美しい幻想感覚です。

まさにそんな春の不思議な高揚感を封じ込めた、ジャズやR&Bなどのミックスを作りました。

このミックスをお料理として置き換えるなら。

自分の音楽スタイルの中心にある「ディープミュージック」という広大で懐深く滋味深い味の土台に、現代の最新調理法となる「フューチャー系」の切り口で斬新な味付けを施し。前菜からデザートなどのコースメニューとなる一品一品(tracklist)には誰もが知っている「ポップス」の断片を使ってエレガンスに再調理したリミックスソングなどが、心地よいスパイスや煌めき/アクセントとなって食事全体を盛り上げてくれています。

音楽的には。

ここ数年の空前の(局所的)フュージョンリヴァイヴァルに注視しております。要するにこのミックスにある現代的なフューチャジャズやフューチャフュージョンを作り出す若者は、直近の音楽教師である親の影響が多大であり〜幼年期から音楽家として英才教育/養成されているのだと思います。

「EDM/第3次サマーオブラヴ」という大きなエネルギーが、世界中の音楽愛好家/音楽家の知覚の扉を解錠して、現代テクノロジーと巧みに同調してネットを介したピュアな意識の集合体とした「全体エネルギー的な音楽」として新たな次元へと進化していると感じます。

先日、記事(http://pc.kyoto-seika.ac.jp/blog/info/2016/03/24/1275/)で見かけた細野春臣氏の講義の記事にある「この世は音で出来ている」という言葉には非常に共感しました。知覚/意識の向こう側を常に探求し続ける姿勢こそが芸術/研究であり、人類全体の未来への発展/進化の基礎であると思っています。

と。ま〜、そんな小難しい事は置いておいてですねw

単純にカフェなどでお茶したりするときにBGMとしてかかっていてくれたら嬉しいな!的なカジュアルミックスとなっております。

「ディープなのに軽くて聴きやすい!」
「コクがあるのにあっさりして食べやすい!」

というかんじの、なんだかリピートしてしまう病み付きになる味付けを目指して作りましたので。お花見のお酒のお供でも、ドライヴやご自宅でのBGMなどにも重宝すると思いますので是非聴いてみてください。

みんなが幸せな良い春を迎えましょう。



Wutatane Loung Mix -vol.1-

-Menu-

Tennyson - 7:00 AM
Sammy Bananas - Skyline (feat. Lindsey)
Mura Masa - Love For That
Kling - atlantis w/ falcxne
O Mer - Now I'm Alive
Monte Booker - Baby ft. Ravyn Lenae
Ekali & Dorian Concept - Steps
Avicii - Waiting For Love (Prinston & Astrid S Acoustic Version)
Temptations - Proud (Autograf Remix)
Drake feat. Conor Maynard - Hotline Bling (Papermind Remix)
Midnight - Overflow (R3LL x Sky Society Remix)
TastyTreat - For a Minute
Jack Ü - Where Are Ü Now (with Justin Bieber) [Ember Island Cover] (Chet Porter Remix)
Porter Robinson - Sea Of Voices (Galimatias Remix)

Mixed by ∅g∂ω∂ (Hiroshi Ogawa)